記事一覧

スポンサードリンク


定休日の出来事でおます。

ワテの元へ、沢山の料理人の卵が訪ねて来ます。
毎回、彼等にテーマを与えて調理させます。

ワテの教え方、材料を見て作りなさい。
一風変わった教え方。

実はね、若い頃に愛知県の調理師学校に一年間やけど、月に一度教えに行ってましてん。
講義の際に、材料と調味料だけを書いて、分量を教えない。
見て覚えろ。

生徒からは、他の先生は、全部分量を教えて貰うのですが、何故、教えないのですかと尋ねられましたんや。

ワテの回答。
そんなもんね、いざ現場に入れば通用せえへんでだす。

ホンマにあほかですわ。
一々分量を量っていたら、通用しまへんわな。
知識と技術と経験と勘が頼りですわ。

だからね、皆さん、寝ててもええよ。
寝てたら分からんもんね。
どうぞお好きにですわ。

ほんだらね、誰も寝よらん。

学校長も他の先生方もワテの教えか方に最初は、驚いてましたわ。
呆れてたんと違いますかな。
それでも、誰も一人も寝よらん。

彼等の作品も意外とちゃんと出来てます。

申し訳ないが、調理師学校の先生、現場知ってる?
確かに知識と技術は、凄いと思います。
流石に教えてお金を貰って生活してはります。
ワテ等、かないまへん。

そやけど、現場では、通用しまっか。

お菓子は、全て計量せなあかんと言われてます。
お菓子の世界は、ワテには、分かりまへん。
分からんもんは分からん。

そやけど、調理は、違いますわな。

その時の野菜が旬か旬でないか。
野菜の保存状態や切り方や細工で変化します。
油の温度や鍋の状態も違います。
その都度判断して、調理します。

そやから、同じ食材や設備を使用しても、全く異なった料理に仕上がります。
同じ店でも、作り手が変わると違いますねん。

それが、現場でおますわ。

学校長からは、専任の教師を依頼されたんやけど、丁重にお断りしましたわ。
だって無理やもん。
将来、独立するし、自分の抱えている仕事を投げ出されへん。

当時は、トライアスロンしてました。

バレーボールのチームの代表もしてました。
バレーボール連盟の会計部長も任されてました。
バレーボール協会の審判員も兼ねてました。
その上に、大阪が好きやねん。
大阪を離れたくおまへんねん。
それ以上に、家のローンがおます。
無理無理。

話に戻ります。
調理師学校を卒業して2年。
今、見習い中の若者に材料だけを見せて、調理させました。

2017-03-23_001.jpg

上出来でおますわ。

2017-03-23_002.jpg

アスパラが綺麗な色で仕上がってます。

2017-03-23_003.jpg

大黒本しめじも油ぽくなく丁度ええ塩梅でおます。

2017-03-23_004.jpg

つぶ貝。
ナイスな調理。

2017-03-23.jpg

我がのご飯と烏龍茶と共にね。

ホンマにね、他店の子でもええ。
関係ないわ。
若者が育って美味しいもんをお客様にお食べ頂いて、その上に彼らが食べて行けたらええねん。
ワテ等が、後進の育成をせな業界が発展しまへん。

尚且つ、安心安全な食を世間に広めて欲しいねん。
一人でも多くの料理人が、食の安全に目覚めて欲しいねん。
若者なら受け入れてくれる要素を持ってます。

古い料理人、さて、どうか?

それぞれの環境もおます。
分かっていても出来ない状況もおます。
致し方が無い事も承知してます。

若者なら今から目覚めて歩んで行けば、下地があれば出来ると思います。
その為に、ワテ等年寄りが彼等のお役に立てれば幸いと思います。
一人でも多くの若者が育ってくれればええ。

でもね、美味しいもんを食べると、幸せでんな。

若者を嬉しそうに自分で作ったもんを食べてた。

それも、美味しいそうにね。

満面の笑みやったわ。

最高でんな!
関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net