記事一覧

北新地・雅しゅ滔々ランチ!

スポンサードリンク


2017-03-06_002.jpg

2017-03-06.jpg

今日の朝は、ラブと散歩でおます。
眠たい目をこすり、30分の散歩。

2017-03-06_003.jpg

途中でかみさんと交代ですわ。
ワテは、家に戻りシャワを浴びます。
服も当然着替えます。
それでないと、ラブの痕跡が残りますからですわ。

今日は、北新地でランチでおます。

2017-03-06_004.jpg

出入り橋でバイクを駐輪します。

2017-03-06_007.jpg

北新地。

2017-03-06_008_201703062218314a2.jpg

2017-03-06_011.jpg

2017-03-06_010.jpg

このランチ、2か月前に予約してましてん。
それでないと、食べれまへん。

以前はね、並んで数にあり付けば食べれました。
今では、予約でないと食べれまへん。

何故?
それはね、メディアですわ。
あれだけ映像を映し出されると、人気沸騰で予約でないとあかんのですわ。
ホンマに勘弁して欲しいわ。

2017-03-06_009_201703062225412af.jpg

これも人気でおます。

2017-03-06_012.jpg

過去数度一人なんでカウンター。

2017-03-06_013.jpg

今日は、連れとなんでテーブルでおます。
贅沢でおますな、4人掛けでテーブルで二人。

2017-03-06_016.jpg

2017-03-06_017.jpg

これが雅しゅ滔々ランチでおます。

2017-03-06_018.jpg

2017-03-06_019.jpg

2017-03-06_020.jpg

2017-03-06_021.jpg

お味噌汁からスタートしてご飯へと進みます。

2017-03-06_022.jpg

2017-03-06_023.jpg

2017-03-06_024.jpg

2017-03-06_025.jpg

2017-03-06_026.jpg

2017-03-06_027.jpg

お刺し身も少しづつお皿に盛られてます。
美味しいお刺し身ですね。

2017-03-06_029.jpg

食べるのが楽しいですね。

2017-03-06_030.jpg

天ぷらの盛り合わせです。

2017-03-06_032.jpg

ご飯が無くなると、お替りOKです。

2017-03-06_033.jpg

美味しいご飯のお替りが来ました。

2017-03-06_034.jpg

2017-03-06_047.jpg

玉子は、直接ご飯の上に。

2017-03-06_035.jpg

残念なことは、玉子の器でおます。
直接玉子を器に入れてます。
もう一つ器を重ねて提供して頂ければ、衛生的やと思います。
厨房で玉子を綺麗に洗ってはるんやけど、我々には、分かりまへん。
少しの配慮があれば、安心して気にせずに食べれると思いますな。

自慢する事だけのことがおますな。
美味しいですわ。

2017-03-06_038.jpg

煮炊きものの葛賭け。
薄味で女性が好む味付け。
男性には、もう少しガツーンとする味付けが好まれますな。

多分やけど、女性をターゲットにしているんやと思いますな。

ワテだすか、美味しいと思いますな。
この上品な味付けを好みます。

2017-03-06_039.jpg

サラダは、可もなく不可でもおまへん。

2017-03-06_041.jpg

2017-03-06_040.jpg

2017-03-06_042.jpg

魚の陶板焼き。

2017-03-06_043.jpg

2017-03-06_045.jpg

2017-03-06_044.jpg

デザートも美味しいんやけど、少し配慮が足りまへんな。
穂先の細いスプーンでないと、最後まで食べれまへん。
これが家庭なら箸でも何でも最後までほじくり食べれます。
流石レストランでは、それが出来まへんわな。

この内容で税込¥1100は、ありえへん価格やと思いますな。
以前は、¥1000やった。

多分やけど、若手の育成の為にしてはるんやと思います。
それとね、夜に繋げようと思ってはるんやろう。

でも、考えてみて下さい。
絶対に夜に繋がりまへん。
昼のお客さんって、ほぼ来てくれはりませんわ。
大阪ってそんなに甘くないですわ。

昼で¥1100、夜に成ると内容が違うけど、ん万円。
ましてや北新地でっせ。

でも、食べる側からしていれば、このランチは、とても有難いと思いますな。
北新地でも一二を争うランチでしょうな。

かなり食べ歩いているワテでも、脱帽するランチやと思いますな。

御馳走様でした。














関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net