記事一覧

生野区・なんちゃってイタリアン縁!

スポンサードリンク


ホンマにあきまへんな。
年が明け一向に景気が上がりまへんわ。
毎年の事なんやけど、えべっさんが終らんと、どうしようもおまへん。
それがね、昨日だけは、異変が。

頑張りました。

そんでね、自分へのご褒美だす。

我が中学のテニス部の後輩が訪ねて来たんで、二人で食事に行きましたんや。

2017-01-09_009.jpg

2017-01-09_010.jpg

生野区の小路におます。
深夜の2時まで営業されてます。

何故、此処を知ったかは、お客様情報ですねん。
素材に拘ったイタリアンやとね。

2017-01-09_013.jpg

お互いにバイクと車やから、ウーロン茶で乾杯ですわ。

2017-01-09_011.jpg

メニューだす。
マスターの字が達筆過ぎますわ。

2017-01-09_033.jpg

前菜の大盛からスタートしましたんや。

2017-01-09_016.jpg

おおーーーと唸る程の盛りだす。

2017-01-09_017.jpg

2017-01-09_018.jpg

2017-01-09_019.jpg

2017-01-09_020.jpg

2017-01-09_021.jpg

2017-01-09_022.jpg

2017-01-09_023.jpg

2017-01-09_024.jpg

2017-01-09_026.jpg

2017-01-09_027.jpg

2017-01-09_028.jpg

2017-01-09_017.jpg

2017-01-09_029.jpg

2017-01-09_030.jpg

2017-01-09_031.jpg

一皿にこれだけの種類の調理された素材がおます。
一つ一つが洗練された味付けだす。
最初からこのパフォ―マンスに驚かされましたわ。

2017-01-09_034.jpg

2017-01-09_035.jpg

桜島地鶏と続きます。

2017-01-09_035.jpg

こんもりと盛られてます。

2017-01-09_036.jpg

桜島地鶏。
きっちりとグリルしてあります。
それでいてジューシーな味わい。
とり自体に旨みがおます。

2017-01-09_037.jpg

芽キャベツ。

2017-01-09_038.jpg

他の野菜も美味しいですな。

2017-01-09_043.jpg

2017-01-09_039.jpg

豚タンとモッツァレラチーズのアラビアータ。

2017-01-09_040.jpg

2017-01-09_041.jpg

2017-01-09_042.jpg

ピリッとしt味付けにチーズの粘りが最高だす。


2017-01-09_045.jpg

2017-01-09_046.jpg

鯛のポワレ。
見た目で美味しいと感じます。

2017-01-09_047.jpg

2017-01-09_048.jpg

シンプルな盛り付けと味付け。
素材の味を最大に引き出しています。

2017-01-09_049.jpg

2017-01-09_050.jpg

魚介のアクアパッツア。

凄い量の盛り付け。

2017-01-09_051.jpg

2017-01-09_052.jpg

2017-01-09_053.jpg

この人の料理って、ごちゃごちゃしてまへんな。
素材を大事にして、の素材を最大に引き出してます。
盛り方もシンプル。
ホンマにへんな飾りつけなんか要りまへんわな。
初めての訪問やけど、好きに成りましたな。

2017-01-10.jpg

2017-01-10_001.jpg

ベーコンポテトサラダ。

お隣さんが食べていて、食べたく成り注文しましてん。

2017-01-10_002.jpg

厚切りのベーコンが程よく焼かれていて、旨い。
その上のポテトサラダが、実に上手く絡んでます。

食べ終えた全体の感想。
素材を大事にしてはります。
料理人にとって、一番大事な事を分かってはります。
どうしても素材を活かせず、ごちゃごちゃする人が多い。
変な手を加える事が要りまへん。
盛り付けもシンプルがええ。

ワテ、メディアを信用しまへん。
行列が並んでいる、それがどうしてんと思います。
行列が並んでいる店で美味しい店、極、僅かやと思います。

メディアに紹介されなくとも、此方のお店の様に、美味しい店がおます。
むしろ紹介されない方が、美味しい店が多い。
そんな店を探し出すのが面白い。
そんな店をご紹介させて頂き、皆さんに行って欲しいんですわ。

美味しくってリーズナブル!

なんちゃってイタリアン縁はん。

素敵!



関連記事

スポンサードリンク