記事一覧

奈良和田萬農場で金胡麻の最終作業!

スポンサードリンク


2016-11-06.jpg

2016-11-06_001.jpg

朝5時。
ワテの本日の朝食だす。
食べ終えると、奈良の和田萬農場に向かいました。
今日はね、収獲して干してある金胡麻を皆で手分けして選別作業をするのですわ。

2016-11-06_002.jpg

西名阪柏原インターで降りて、当麻寺方面に向かいます。
毎年、よもぎ餅を買いに来ます。
この交差点を曲がると、春木春陽堂はん。
直進します。

2016-11-06_003.jpg

山中を進んで行きます。

2016-11-06_004.jpg

和田萬はんの車がおました。
一安心ですわ。

2016-11-06_005.jpg


7時、ビニールハウス内で作業開始だす。

2016-11-06_009.jpg

干してある金胡麻だす。

2016-11-06_010.jpg

2016-11-06_008.jpg

2016-11-06_007.jpg

ホンマに大変な作業ですわ。

2016-11-06_011.jpg

網で越していきます。

2016-11-06_018.jpg

2016-11-06_019.jpg

必死で越してますねん。

2016-11-06_020.jpg

んんーーー流石に完全無農薬の金胡麻。
ええ香りしてますな。

2016-11-06_029.jpg

100キロオーバーの金胡麻が収穫出来ましてん。

2016-11-06_028.jpg


更にこれで選別しますねん。

あれれ、写真が逆さに成っている。
どうしようもおまへんな。

後は、和田萬工場で水洗いして干して完成だす。

2016-11-06_006.jpg

2016-11-06_012.jpg

2016-11-06_014.jpg

胡麻の抜け殻を燃やします。
ええ匂いが立ち込めますな。
この灰を我がの畑に投入したら、ええ野菜が出来るやろうね。

2016-11-06_030.jpg

右が当主の和田萬4代目。
左が専務で次期当主5代目。

本当に素敵な親子だすな。

何時も和田萬はんを見ていると、ええ家族やと思いますな。


四代目の嫁、5代目の嫁、6代目候補のお孫さん。
一家総出で胡麻作りに励んではります。

従業員の方々も、とても親切。

一人一人がワテの名前をちぇんと覚えてくれてはります。
これって、凄い素敵な事やと思いません?

唯、胡麻を売るだけじゃなく、会員と一緒に汗水たらして親睦を図るメーカーはんておますか?
ワテが知る限り、和田萬はんだけやと思います。

別に胡麻を買うだけやったら、他にも何ぼでもメーカーはんおます。
それだけじゃなく、心の籠った販売をされているからこそ、和田萬、命と言えるのですわ。

ワテが商売を続ける限り、和田萬はんと共に歩むでしょうな。

金胡麻を栽培するのは、また、来年の5月に成ります。

ワテは、皆さんより早くお暇させて頂き、店に帰還。
この時点で、もう、ふらふらですわ。

それがね、嵐の昼営業。
何があったんやと思われる忙しさ。

天と地の差がある営業。

身体より精神的にきついわ。

お仕舞い。


関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net