記事一覧

阿倍野・モダン洋食・アクイ―ユ!

スポンサードリンク


2016-09-09_009.jpg

2016-09-09_010.jpg

さて、本日のランチでおます。
モダン洋食のアクイ―ユはん。
西田辺から昭和町に向って行きます。
我孫子筋通りに面してます。

店内に入ると、テーブルが満席状態。
カウンターだけが空いてます。
そしていきなりだす。
殆どの商品が売り切れと言われましたわ。

なんちゅう凄まじさや。

2016-09-09_030.jpg


厨房の奥から師匠「オーナーシェフ」がリゾットやったら出来ますと言われました。
師匠が言うんやったら、お任せだす。

一切、価格も聞かへん。
それが、ワテ等の仁義でしきたりだす。
それなんぼ、そんなアホな事を聞かへん。
みっともないわ。

ワテ、アクイ―ユはんのオーナーシェフを、師匠と呼んでます。

立川談志師匠にそっくりさん。
まるで息子はんみたいだすな。
だから、師匠ですねん。

2016-09-09_011.jpg

2016-09-09_012.jpg

2016-09-09_013.jpg

冷製スープ。
何ちゅう旨さなんや!
濃厚で深みがおます。
それでいて喉越しが良く、最後に爽やかな印象が残りますな。

2016-09-09_014.jpg

2016-09-09_015.jpg

サラダもシャキッとして美味しい。

2016-09-09_016.jpg

2016-09-09_017.jpg

リゾットが出て来ました。

んん?
今まで食べたリゾットと全然違う。
ホワイトソースのイメージをしてましたわ。

見た目にも食欲をそそる盛り付けと調理。
想像を遥かに超えたリゾットだす。

2016-09-09_018.jpg

しっくりと煮込んだ玉葱。
味がしゅんでいて旨いわ。
ソースがデミソース。
深い味わいで、それでいてしつこくないソース。

2016-09-09_021.jpg

ブロッコリー。
色合いも良く、歯触りもええ。

2016-09-09_019.jpg

2016-09-09_020.jpg

半熟卵。
後で崩します。

2016-09-09_022.jpg

2016-09-09_023.jpg

とうもろこし、ちゃんと芯を外して食べ易くしてはります。
一手間を加えてます。

2016-09-09_024.jpg

牛肉が柔らかく煮込まれてます。
とろける手前で抑えて、牛肉の歯応えも残してます。
計算しつくされた調理法。

2016-09-09_025.jpg

デミソースがご飯に絡み、無茶苦茶、旨いですな。

2016-09-09_026.jpg

2016-09-09_027.jpg

やっとここで半熟卵を崩します。
一つの器で二度の味わいが出来ます。
半熟卵の甘味が、デミソースと良く絡み、何とも言えない円やかな味わいに変化します。

2016-09-09_028.jpg

何~にも残ってまへんでっしゃろう。
これが答えだす。

2016-09-09_029.jpg

食後のアイスコーヒー。

ワテのお腹も調理している師匠も落ち着きました。

此処で、真打に登場願いましょう。

2016-09-09_031.jpg

師匠!

談志師匠!

噂では、やくみつるって言われているそうです。

アクイ―ユはん。
本当に凄いレストランだす。
昼間に満席に成るんでっせ。

確かに場所もええ。
我孫子筋沿いに面してます。
それだけでは、無いと思いますな。

料理が美味しい。
店内が清潔。
店全体が禁煙。

三拍子揃ってます。
兎に角、禁煙が有難いですな。
何時に行っても禁煙やと、行き易いですな。

これがね、オープン時に行かなくとも何時でも禁煙やから、時間を気にせずに行けます。

アクイ―ユはん。
本当に素晴らしい洋食屋はんだすな。

ご馳走様でした、師匠!

お仕舞い。




師匠、御免なさい。

2016-09-09_010.jpg

今、写真で気が付いたわ。
満席で品切れ、クローズに成ってましたな。
全く気付かずすんまへんでした。
関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net