記事一覧

お任せ料理!

スポンサードリンク


昨日、お昼の営業が終る。
一本の電話が入る。
某小料理屋の女将はんからだす。

今、奈良の温泉に居る。
6時頃行くから、お任せ料理を頼む。
ええーーーーーそんなん無理や、今から仕込み?
特に海鮮のパン頂戴。

電話を切ると、もう一本の電話が鳴る。
某ドクター。
6:30に四人で行く。

このドクター、毎回毎回お任せ料理。
そんなん今から無理や。

そやけど、無理でも何とかするのがワテの性格。
天満市場へ向かう。

2016-06-05_013.jpg

2016-06-05_015.jpg

2016-06-05_016.jpg

2016-06-05_017.jpg

2016-06-05_018.jpg

2016-06-05_019.jpg

買出しを終える。

2016-06-05_027.jpg

店に帰り鯛を捌く。
これはね、鯛のお刺身サラダにする。

6時、間に合った。

2016-06-05_028.jpg

鯛のお刺身サラダ。

2016-06-05_029.jpg

海鮮のすり身にしてパンに張り付け胡麻を付け揚げたパン。
何処にも負けない一品。

2016-06-05_001.jpg

冷担々麺。

あっちもこっちも冷担々麺

2016-06-05_004.jpg

ゴマダレが無く成る。

2016-06-05_005.jpg

2016-06-05_006.jpg

和田萬はんの胡麻をブレンドして混ぜて行く。

2016-06-05_007.jpg

高知刈谷農園はんの生姜を大量に入れる。

2016-06-05_008.jpg

湯浅醤油・甜菜糖を入れる。

2016-06-05_009.jpg

どんどん混ぜて行く。

2016-06-05_011.jpg

自家製の薬膳辣油を入れる。

2016-06-05_031.jpg

此方のお客様は、辛さが駄目なので、別にタレを作る。
大変やけど、お好みに合わせた冷担々麺。

2016-06-05_003.jpg

昨日、我がの畑で収穫したインゲン豆の四川炒め。
絶品だす。
旬のインゲン豆。
旬が一番栄養価が高い。
食べれるのは、今だけですよ!

此処までは、余裕がおました。
この後、大炎上。

盆と正月が一度に訪れる。
もうアウト。
完全に追われる始末でへとへと。

後片付けがすんだんが、深夜の2時。

でもね、お客様に望まれて仕事をするのが一番。
お任せ料理、お任せ料理の連続。
信用されてするのが一番幸せだすな。

お仕舞い。








関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net