記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これがワテの餃子だす!

富田林の畑からトンボ帰りして来ました。

2016-04-27.jpg

水槽に水を張り、1本1本丁寧に掃除します。
農薬を使用せず、有機栽培してるから虫も土ももれなく付いて来ます。
ホンマに気の遠く成る作業だす。

一度に約400個作ります。
使用する韮の量が、約10束分使用します。

丁寧に丁寧に何度も何度も繰り返し繰り返し掃除と水洗いを繰り返します。
この作業だけでも約1時間を要します。

2016-04-27_015_20160513190937660.jpg

ざるに水を切ります。
扇風機で乾かします。

その間に怪我の治療だす。

2016-05-13_024[1]

2016-05-13_025[1]

この治療に腰の治療も加わりますねん。
この間が、ワテの睡眠時間ですねん。

治療が終わると、店に帰ります。
ええ睡眠が取れましたわ。

元気が出て来ましたな。


2016-04-28.jpg

キッチンペーパーで水気をふき取ります。
先ほどの乾かしを含めて1時間を要します。
都合2時間。

2016-05-13_011[1]

高知刈谷農園はんの有機生姜をこれだけ使用しますねん。

2016-05-13_010[1]

2016-05-13_013[1]

皮を剥きみじん切りにします。

2016-05-13_017[1]

大量の白葱をみじん切りにします。
約4束12本。

2016-05-13_045.jpg

もち豚のミンチを練り倒します。
粘りが出るまでね。

2016-05-13_046.jpg

みじん切りにして絞った白菜を投入します。
餃子は、必ず白菜でっせ。
豚肉と白菜が一番ジューシーで美味しいのですわ。
これが基本だす!

2016-05-13_048.jpg

2016-05-13_051.jpg

大量の韮を投入します。
他の材料も一緒に投入だす。
他の材料?
秘密だす。
当たり前でっしゃろう。

2016-05-13_052.jpg

完成だす。
これをタッパーに入れ替え、冷蔵庫で半日寝かせます。
水分を飛ばすんです。

ホンマに彩花の餃子って、大変でっしゃろう。
そやから、安心安全で美味しい餃子が出来る訳なんですわ。

手間暇かけて愛情を注ぎ込まな美味しい餃子が出来まへん。

普段、此処までご説明しまへん。
でもね、言わなご理解して頂けまへんでしょう。

ワテの魂の餃子が此処にありだす。

高いか安いか適正価格かは、皆様がご判断して下されば幸いかと存じます。

これで一段落しました。
これから、ランチに出かけます。

後に続く。



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。