記事一覧

あかん、腰がヤバイ!

スポンサードリンク


2015-10-19_023.jpg

朝起きる、腰に激痛が走る。
あかん、歩行困難。
それでも何とか治療に辿り着く。

何とか治療して貰ったんやけど、完全にヤバイ状態。
普通やったら完全に営業アウト。
それでも意地でも店を閉められへん。
これがお客様との男の約束でおます。

過去にも勤務している時代、タイヤがパンクして転倒。
血だらけに成っても応急処置して鍋を振る。

バイクに追突されてバイクの下敷き。
脚の靭帯が切れ膨れ上がって松葉杖で支えながらでも鍋を振り続ける。

若い衆、部下に身体を張って教えるのも仕事。

この店に来てからも、事故で2度救急車で運ばれても抜け出し仕事をしてます。

今年に成ってからも相撲のタニマチをされている方から宴会を依頼されました。
お相撲さんを連れ立ってね。
土曜日やしお昼も営業してます。
魚屋さんからも朝に依頼している魚が入らんと電話がおました。
その場でメニュー変更。
市場へ赴き仕入れた魚なでメニューを組む。

その上に仕込みが立て続き徹夜作業もしてた。
間に合わん仕事でも寝ずに仕込んで間に合わせる。
当然、お昼も休まずに営業。
執念で6時の夕方の営業に間に合わせた。
これが仕事で約束事。

簡単に店を休めません。

店を開けると言うことは、使命なんですわ。
お客様との約束事。
どないなことをしても開ける、意地でもね。

腰の治療を終え、今度は手の怪我の治療。

2015-10-19_005.jpg

治療を終えると、仕込みに入ります。

2015-10-19_004.jpg

スープを沸かすのに鶏ガラのボイルと掃除でおます。
料理屋にとってスープは命。
丁寧な仕事をします。

2015-10-19_001.jpg

2015-10-19_002.jpg

2015-10-19.jpg

牛肉を丸ごと仕入れ裁き、それぞれに切り分けて行きます。

2015-10-19_024.jpg

種魚って言います。
五香粉を使用して醤油で煎り付けた魚料理でおます。
これがお酒の肴にもご飯の友にもなります。

仕込みを終えると、毎日にの儀式でおますわ。
スポーツクラブで身を清め営業に挑みます。

どんな事に陥っても簡単に店を閉めへん。
これが軒を構え店にお客様をお迎えする事の意味なんですわ。

でも痛い。

お仕舞い。
関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net