記事一覧

スポンサードリンク


昨日、営業が終わり、今日ですわ。

P1330037.jpg

北新地に到着した時刻。
お腹がペコペコ。
こんな時間に食べたらあかんのは、分かり切っています。
でも我慢が出来まへん。

P1330038.jpg

あれ?
看板がおまへん。
24時間営業の寺田屋さんと違った?

人の便りで玉鬘さん。
時々、朝食営業もされているそうです。
お昼もやる事もしばしば。
一層の事、深夜食堂たまちゃんも如何ですか?



また要らん事を言ってしまった。
仕舞いに出入り禁止に成るかもね?

さて、さて、さてですわ。
ラーメンは嫌。

でも、この間、歩いていてチラシを貰ったカレーラーメンに店に行ってみたい。
彩・堂やったかな?
営業が終わっていた

ほんだら、此処しかおまへんわな。

P1330040.jpgP1330039.jpg

安心して食べれますわな。
ぼったくられる事が無い。

P1330041.jpgP1330042.jpg

階段を下りて行くと、看板がおました。
こんな字を書くんや。

P1330043.jpg

P1330044.jpgP1330045.jpg

店内です。

P1330047.jpg

冷たいおうどん¥830

他店では、一つ玉、一つ半玉、二つ玉で表示してあるけれど、北新地店は無し
スタッフが、三つ玉まで同一価格ですとの事。
そんなん初めて聞いたわ。
試しに三つ玉を注文しましたわ。

P1330048.jpgP1330049.jpg

おおーーーええ感じですな。

P1330051.jpg

すり鉢で胡麻を擦るんやけど、粒のまま食べたいねん。
そやけどですねん。
すり鉢が濡れていて、引っ付いているんですわ。
冷蔵庫で冷やしているからの結果ですな。
これは何ぼ何でもあかんで!

P1330052.jpg

この細麺が大好きなんですわ。

北新地店のお出し、少し薄め。
もう少し醤油が濃い方が、冷たいうどんに合う。
どうしても水気が残っているのでね。

砂糖が控えめなんで食べやすい。
他店は、甘さがきつくて喉に引かかる。
チェーン店なんやけど、店舗によっては、ばらつきがおます。

うどんの腰も、ある店以外は同じ。
一店舗だけ美味しくない店がおます。
他は、大体同じですな。

つるとんたんさんの料金システム。
リーズナブルで安心して食べれますな。
深夜料金も取らへん。

今度、他の店で三つ玉って言ってみよう。
店の人の反応が見てみたい。

P1330055.jpg

帰宅。
就寝、4時。

朝8時、家を出る。
自宅近くで腰と足の治療。
日曜日でも治療をしてくれる所がおますねん。

治療後、天満市場へ向かう。

P1330058.jpg

鯛の仕入れですねん。

P1330056.jpgP1330057.jpg

今日は、テニス関係者の宴会がおますのや。
刺身じゃなく、四川料理の餡かけにしてお出しします。
自家製の甘麹を使ってのピリッと甘辛い料理です。

仕入れを終えると、堺方面に仕事の調査ですわ。
その前に、腹ごしらえでおます。

P1330059.jpg

府立病院近くの町の名店です。

P1330060.jpgP1330061.jpg

P1330062.jpgP1330063.jpg

安上がりでお腹を満たしたいときは、必ず此処でおますわ。

P1330064.jpg

サンドの食パンは、ミルク味で優しい味わいです。

P1330069.jpgP1330070.jpg

クロワッサン。
ちゃんとバターの風味を味がおます。
クロワッサンで、¥200超えなんてありえへんわ。
¥150でも高いと思う。

P1330065.jpg

〆は、あんぱんでおますわ。
このあんぱん、手の平に乗すとずしりと来ます。

P1330067.jpg

見て下さい、隙間のない位餡が詰まっているでしょう。
あんぱんと言うより、パンの大福ですわ。
それも大きな大福の2つ分位の餡が詰まっています。

何故最後にあんぱんかは、先にあんぱんを食べてしまうと、他のが食べられへんのですわ。
それ位餡がずしりと詰まっているのです。

もしかして、この価格やったら日本一と言っても過言じゃないでしょう。
これ以上のあんぱんがあったら、教えて欲しいですわ。

食べ終えると、堺に向かいました。
調査を済ませ、店に出勤して、お昼の営業。
営業を終えると、お客様からのご希望の肉団子の仕込みでおます。

P1330071.jpg

10分程、力が加わるまでひたすら練りこみます。
そうすると粘りが出来るのと、きめ細かい丸みに仕上がるのです。

P1330073.jpg

こんな風です。

次に、春巻きの仕込みでおます。

P1330074_20141130230923190.jpg

今大人気の春巻きです。
親爺が手塩にかけた野菜と高知の有機生姜の合体。
これ以上のない春巻きです。

美味しい春巻きを食べた事が無い方、どうぞ一度お食べ頂けたらお分かりに成られるでしょう。
これが春巻きです。
但し、メメニューには御座いません。
親爺ブログをご観覧あそばせ。
春巻きを仕込んだ時は、ブログにアップ致します。

全ての段取りを済ませ、気合の営業に入ります。
それがやねん、17:15分、雨が降って気ましたわ。
なんでやねん、彩花が営業を始めると雨・雨・雨の連続でおますわ。
特に週末の雨。

これで完全に終わった。

お仕舞い。
関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net