記事一覧

食パンの食べ比べ

スポンサードリンク


今日は、噂の食パンの食べ比べでおます。
彩花で一番難儀なお客様の御用聞き。
大将、行くついでに買って来てとのご要望。
別に問題はありゃせん。

P1300086.jpg

P1300088.jpg
P1300087.jpg

P1300089.jpgP1300091.jpg

次に向かったんは、玉造のパン屋さんです。
こちらのお店も食パン一筋で商売されています。

P1300092.jpgP1300093.jpg

P1300094.jpgP1300095.jpg

P1300113[1]P1300114[1]

P1300115[1]

看板にあるように、店内のイートインでも食べれます。

P1300120[1]P1300121.jpg

P1300122.jpgP1300123[1]

P1300125[1]

バタートースト¥180
ハニーバタージャムトースト¥260
この大きさで、ええ商売されています。

食べてみると、パン自体が甘すぎます。
その上に、バターやハニージャム、甘い甘いで逆効果の味がします。
プラスとプラスを掛け合わせてもマイナス効果に成りますな。

現代の若者が好む様な味

パン自体もごわごわした感じで雑な触感。

P1300106.jpg

並べて比較してみました。
左が玉造のパン屋さん、¥556

右が乃が美さん、¥800

どちらも税抜き。

価格を比較してみると、乃が美さんの方が安い。
総面積が価格評価です。

P1300107.jpg

玉造のパン屋さん、生食しました。
例えれば、冬の乾燥した肌の様です。

乃が美パンは、もち肌で絹の様な肌触り。
雪で例えれば、パウダースノー。

上品な大人の味。

唯、乃が美さんのパンでも、焼いたら味がおちます。
店の売りでもある生食に限ります。

親爺の意見じゃだけでなく、彩花での難儀度横綱の方。
難儀度大関の方。
同じ意見です。

最近、食パン専門店が増えています。
並べて食べ比べてみると、一目瞭然。

好みもあります。

親爺の感想でした。

一つ加えておきます。
どちらのお店も、凄く店のスタッフの方が素晴らしい。
職人さんって、愛想が悪い。
当たり前の事なんやけど、職人さんもサービスマンの様に、お客さんに接しています。
若いスタッフの気持ちのええサービス。
当然、売り手のスタッフも素晴らしいサービスのパフォーマンスをしています。


お仕舞い。
関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net