記事一覧

農業大使、狭山市で過ごす

スポンサードリンク


3・11東日本大震災から早くも2年
我々は、永遠にこの痛ましい震災を忘れてはいけない
お亡くなりに成られた方々の御冥福を祈り、黙とうをして手を合わせて頂きました

そんな思いを胸に、今日も大地の恵みを頂ける幸せを感じる次第である
我が農園も次第に春の訪れと共に、野菜も元気が出て来ました

韮・香菜

009_20130311181607.jpg010_20130311181606.jpg

10月に植えた葉ニンニクも育って来ました

012_20130311181606.jpg011_20130311181606.jpg

農家の方と一緒に新たにほうれん草・チンゲンサイ・タァツァイ
トンネルで育てています

004_20130311182038.jpg

4月からは、耕作面積も倍に成ります
新たに増やした農地に植える野菜を農家に相談
そして、新しいチャレンジもします
それは、コレです

005_20130311181954.jpg007_20130311181954.jpg

野菜を収穫して、向ったのは、狭山市にあるイタリアン、ジューダ・バレリーノさん
農家の車で向かうのやけど、流石に地元の人、裏道と言うより最短の道で進むのです

013_20130311182832.jpg

ジューダバレリーノさんの駐車場、4台共埋まっています

019_20130311183201.jpg022_20130311183605.jpg

ええーーー13:30でっせ、不安がよぎる

コレは店の全貌、下の階がケーキ屋さん

015_20130311183200.jpg

店に着くと、ええーーー満席で入られへん
ウワ―どないしよう、でも大丈夫なんです
農家の人と行くので、予約を入れといたんです

018_20130311183201.jpg017_20130311183201.jpg

階段を上がり2Fへ

021_20130311183606.jpg

店内に入ると、凄い熱気ですな
ホンマに満席ですわ
でも凄いですな、月曜日の昼でっせ!

階上に案内されたんです

023_20130311183747.jpg

オーダーは、コレ

025_20130311184224.jpg

最初に羽曳野有機大根のスープです
大根の特徴を生かしたスープ、ワンダフル!

028_20130311184844.jpg029_20130311184844.jpg

次に胡麻パンとフォッカチャ、相変わらず美味しいです

034_20130311184411.jpg033_20130311184411.jpg

そして前菜です、これには毎回感動させて頂くのです

035_20130311184816.jpg

左上から真蛸のバーニャカウダー

036_20130311185054.jpg

右上、パルマ産生ハム、その下に東条イチゴ

037_20130311185222.jpg038_20130311185222.jpg

真ん中がサーモンマリネ、上に乗っているのがキャビア
これはおまけで、彩花スペシャルやそうだ

040_20130311185501.jpg039_20130311185501.jpg

今まで、キャビアは美味しいと思った事がおまへん
初めて美味しいキャビアに巡り合えた感動です
オーナー、おおきに

左下が羽曳野かぶ
シンプルに素材を生かした味付けです
これこそ、シンプルイズベストですな

041_20130311185805.jpg

右下、天然真鯛のカルパッチョ

042_20130311190005.jpg043_20130311190005.jpg

農家の西田さん、この時点で感激しまくりますわ
これからも感動劇場が続きます
西田さんのパスター、ベーコンと春野菜
これも涙が出るほど感動されたんです

024_20130311190504.jpg

046_20130311190416.jpg047_20130311190416.jpg

親爺のパスター、釜揚げシラスのパスター

049_20130311190913.jpg050_20130311190913.jpg

051_20130311190913.jpg

オイルパスターなんやけど、オイルの油ぽさが感じれへん
凄いオイルが上手く絡んで、他の素材の味を引き出しています
恐るべしジューダバレリーノ、松井オーナーシェフ

デザートのドルチェ

052_20130311191550.jpg054_20130311191550.jpg

親爺は紅茶

056_20130311191743.jpg

パーフェクトなランチでした
御馳走様です

今日の料理の説明と給仕して下さった中条さん
パン但当の若き精鋭のシェフです

048_20130311192035.jpg

ちなみに、葉加瀬太郎似の人はお休み

ひと段落すると、オーナーの松井さんが、人懐っこい顔をしてお見えに成ったんです

057_20130311192438.jpg058_20130311192438.jpg

実はね、今日の親爺の訪問の目的は、西田農園の観光大使じゃなく、農業大使なんです
以前までは、ジャスナ農園と契約していたんやけど、契約が切れ西田農園として自立されたんです
親爺が農業大使として、色々な人やレストランにご紹介させて頂いているのです
内容は今までと同じ、契約書と案内事項が出来たので、一緒にお連れしたんです
以前西田さんの野菜を食べて頂いたのです、出ないとオーナーも味が分からん

縁あって今回、契約にこぎつけたのです
農業大使としてホットしましたわ、少し肩の荷が取れましたわ

074_20130311215734.jpg073_20130311215733.jpg

077_20130311193427.jpg

今まで、安心安全な野菜作りに協力して下さった
そして野菜が出来る迄供給して下さった
ホンマに感謝している

今度は、親爺が恩返しする番です
ええもんは、ええんや!
だからええもんの輪を広げて、皆でええもんを分かち合わなあきまへん
辻調N先生、親爺ブログ観てますか?
生徒さんにも農業体験させなあきまへんで
野菜作りから教えるのも教育の一環やと思いませんか!
面白いと思いますよ

契約が終了して、お二人が和やかにお話をされている間に、階下のケーキショップへ
ケーキは勿論美味しい、それに匹敵するほどクロワッサンが美味しいのです

060_20130311194229.jpg061_20130311194228.jpg

一日5個しか焼きあげないクロワッサン
でも欲しいのは25個、駄目もとで先日電話を入れたんです
パティシェが電話にでたんやけど、単独では答えられないのでオーナーに取りついでくれたのです
オーナー、即答でOKして下さったのです
素晴らしいオ―ナーですわ

日本ではパン屋さんがクロワッサンを焼く
本場のフランスでは、パティシェがクロワッサンを焼くと言われている
そんな言い伝えを聞いた覚えがおます

店内に入ると、お客さんが次から次へと来る
スタッフもフル稼働

062_20130311195031.jpg

焼き菓子も豊富

064_20130311195159.jpg065_20130311195159.jpg

親爺が注文していたクロワッサン25個

069_20130311195341.jpg071_20130311195341.jpg

まだ3個余っていたので、自分の分3個買う

063_20130311195504.jpg068_20130311195504.jpg

買い終えると、ジューダ・バレリーノさんに戻ったんです
帰るまでに辛抱出来ずに、レストランで食べましたわ

072_20130311195658.jpg

無茶苦茶旨いのです

谷町のきじきじさん、本町のパンデュースさんに匹敵するほどのクロワッサンです
これで¥100は信じられへんパフォマンスです
はっきり言って、有名パン屋さんやコンテストなどで表彰されるクロワッサン
大した事がおまへん、本音でっせ
ケーキも素晴らしい、クロワッサンも素晴らしい
オーナーパテイシェの人柄も素晴らしい
女性のパティシェも素晴らしい、文句のつけようがおまへん

階上と階下で素晴らしい
一つの棟で素晴らしい出会いもある
これからは、どちらかに行ってあちらは行けへんかったらあかん
どちらのオーナーも辻調出身や
お金が無いのに辛いわ、でも一度に両方買える利点もある
んんーーー悩むなぁーーー
別に悩む心配は要らん、稼げばええのや

店に帰って営業するのやけど、21時になってもお客様は0
21:30、22時
このまま時間だけが経過して行く、
稼げない、悩むわ!
ああーーーーーーーーーーーーーー

お仕舞い
関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

プロフィール

SAIKA

Author:SAIKA

中国家庭料理『彩花』の店主をしております。


店主自ら自家農園に出向き、無農薬・有機栽培で露地栽培を心がけて「食の安全」を大切にしています。


出来る限り地産地消を目指しながら、より安全な食材を常に探し求めています。


中国家庭料理 彩花 オフィシャルサイト

http://www.saika-chinese.net