記事一覧

京都でおます

昨日は、阪神のイタリアフェア―を終え、京都に向かったんです
先日かみさんが、お父さん、そろそろ京都に行くんでしょうと、言ってきたんです
何で分かるんや!俺の行動が!
私も行くとね
何でやねん、一人で行動したいのにね

親爺は、蒲生の実家に寄ったんで、京橋から乗車
かみさんは、淀屋橋からなんです

2012_1016_105314-CIMG4746.jpg

かみさんからメール、淀屋橋発・・の時間
7両目の最後列の席を確保、お待ちしてますとの事
何時もは上から目線の言葉なんやけど、今日は違うな?

2012_1016_111446-CIMG4748.jpg

京橋から乗りこむと、突然若い娘から声を掛けられたんです
ええーーーええーーー吉本の内場はんに成ってしもたわ
それしか声がでませんわ

昨年女子大を卒業して、東京の企業に働いてる、テニスの教え子達二人なんです
春には東京で一緒にランチしたのに、大阪に帰って来るとは、何にも言よらん
親爺を抜きにして、かみさんと連絡しているとは、怪しからん奴らや!

親爺が、何で今大阪に居るねんと尋ねたら、夏休みが取れなかったんで、遅い夏休みやとね
それにしてもや、それにしてもやですねん
こんなサプライズは要りまへん

京阪祇園四条駅で、かみさん達と一旦別れ、親爺は単独行動
しののめ・寺町に行かなあかんから

単独行動の親爺、向かったのはイタリアン
今日は最初から此処に行く予定やったんでね
でも便利ですな、行き先を携帯電話が導いてくれたんです

2012_1016_122649-CIMG4751.jpg

2012_1016_122715-CIMG4753.jpg2012_1016_122658-CIMG4752.jpg

店内に入り入口の席をに案内された、奥にも席があるのは知っているねん
加茂川が見渡せる席なんですわ
奥は駄目ですかと尋ねたんです、生憎満席ですとの事

2012_1016_123138-CIMG4759.jpg


2012_1016_123030-CIMG4757.jpg

しゃないので、諦め注文
ピッツァランチ¥1280を注文

待っている間に、奥のトイレに行ったんです
おーーーーーい、こらぁー席は半分空いているやないか
親爺が一人なんと、人相が悪いから案内してくれへんのか
気分が悪いわ

トイレから帰ってきて席に着くと、可愛い女性が一人で入って来たんです
親爺の横のテーブルに案内された、奥の席を希望
即案内した
おーーーーーい、何でやねん!
この顔があかんのか![しののめ・寺町での写真」

2012_1016_150341-CIMG4841.jpg

そうこうするうちに、前菜が出て来た
おおーーーええやんか、さっぱりとして旨いですわ
少し気分を取り戻した

2012_1016_123024-CIMG4756.jpg2012_1016_123054-CIMG4758.jpg

シェフがピッツァを焼きだした、2分程したら焼けてきた
目の前に置かれると、無茶苦茶でかいですわ
見て下さいこの大きさ、ばかでかいでしょう

2012_1016_123347-CIMG4760.jpg2012_1016_123414-CIMG4761.jpg


ホールスタッフが、切り分けてくれる


2012_1016_123440-CIMG4762.jpg

味の方は、なかなかいける
ピッツァの生地は、外側が厚め、中は中くらいの厚さ
オリーブオイルの量も丁度ええ
イタリア人がオーナーの店やったら、塩分がきつめ
オリーブオイルも大いから、ピッツァのソースが皿に落ちますの
此処のピッツァは、バランスがええ感じでおますな
だけど、無茶苦茶でかいから、食べ終えるまでに冷めてしまうのですわ
コレが難点ですな

2012_1016_123521-CIMG4763.jpg2012_1016_123543-CIMG4764.jpg

2012_1016_123711-CIMG4765.jpg2012_1016_123714-CIMG4766.jpg

2012_1016_123727-CIMG4767.jpg2012_1016_123833-CIMG4768.jpg

食べ終える頃になると、ドリンクを出してくれはった
親爺の選択は、アイスコーヒー
コレも無茶苦茶多いですわ

2012_1016_125044-CIMG4769.jpg2012_1016_125248-CIMG4770.jpg

コレで¥1280は超お得やと思いますな
何度も来たく成りますわ

ピッツァの粉はイタリア産、風味が違うそうや
拘っているのだ


2012_1016_130429-CIMG4771.jpg

コーヒーを飲んでいると、業者が配達に来たんです
棚に整頓して入れていったんです、丁寧に並べてはる
シェフがサインをしはった
業者が来てから帰る迄、スタッフ全員がうんともすんとも言わず
無視の状態
完全に買ってやっていると上から目線
買う方も買って貰う方も、五分と五分やで!
コレを忘れてはあかんで、何か勘違いしてると思う
客は、よう見てますで!
折角美味しく頂いたのに、もうこの店には来る気が無く成った

此処を後にした親爺、しののめ・寺町まで徒歩で30分
散歩がてらに辺りを散策、ええ店も多いですわ
次回のランチの店を品定めですな

しののめ・寺町に着くと、お客さんが次から次へと入ってきはる
親爺も思わず、外で接客ですわ
商人はコレでっせ、笑顔とこの手揉みに限りまっせ

2012_1016_145039-CIMG4836.jpg2012_1016_150407-CIMG4842.jpg

しののめ・寺町も、色々趣向を考えてますな
当然奥さんのアイデアやと思う
ボブ社長にこんな発想が出来るもんか

2012_1016_144803-CIMG4832.jpg2012_1016_144832-CIMG4833.jpg

2012_1016_144833-CIMG4834.jpg2012_1016_145015-CIMG4835.jpg

2012_1016_145057-CIMG4838.jpg2012_1016_145135-CIMG4839.jpg

奥さんが言ってはった、最近大阪からのお客様が増えたとか!
そりゃそうやろう、こんなけ親爺がブログで宣伝してたら増えるやろう
直接口頭で、京都へ行かれたら寄ってやって下さいとね!
不味かったら言わへん、ホンマに旨いからお勧めする
今までじゃこ山椒を気に留めへんかった
ボブ社長のしののめ・寺町のじゃこ山椒を知ってから、他所でも買うこと多々ある
親爺のなかでは、№1ですわ
だからお勧めするのです

しののめ・寺町で自分の買い物と1カ月分の支払いを済ませ、本当やったらカトリーヌさんに行く予定やったんやけど、かみさんのお陰で中止に相成ったんです
カトリーヌ中村さん、来月は行きますので、今回は堪忍どすえ
アップルパイとタルトが脳裏に焼き付いて、忘れられへんのですわ

しののめ・寺町を後にした親爺、待ち合わせの三条に向かう
当然徒歩

三条のビルの6Fで待ち合わせ
何度かかみさんと来た事がおます

2012_1016_133841-CIMG4784.jpg2012_1016_133919-CIMG4786.jpg

2012_1016_141327-CIMG4826.jpg

抹茶が有名な店なんです
待ちくたびれ先に食べる

2012_1016_134527-CIMG4791.jpg2012_1016_135231-CIMG4792.jpg

ほうじ茶もついている

2012_1016_135234-CIMG4793_20121017225646.jpg2012_1016_135242-CIMG4794.jpg

抹茶のわらび餅

2012_1016_135250-CIMG4795.jpg2012_1016_135300-CIMG4796.jpg

抹茶のゼリーと白玉団子

2012_1016_135311-CIMG4797.jpg2012_1016_135319-CIMG4798.jpg

寒天と抹茶アイス

2012_1016_135601-CIMG4799.jpg

最後は黒蜜をかけて
黒蜜の優しい甘さの中に、深い味わいがミックスされ、相乗効果が生まれる
これがまた最高の味に成るのですわ


コレは絶品ですな、食べ終え納得
何度も此処で食べてるんやけど、文句のつけどころがおまへんな
店内で男性は親爺一人きり、全然気に成らへんわ

2012_1016_134347-CIMG4790.jpg

店内での販売商品

2012_1016_141326-CIMG4825.jpg

そうや、沖縄の碓井、またかみさんを紹介するわ
この中にかみさんがいます

2012_1016_165754-CIMG4849.jpg2012_1016_165722-CIMG4848.jpg2012_1016_131820-CIMG4778.jpg2012_1016_132930-CIMG4781.jpg2012_1016_133755-CIMG4782.jpg2012_1016_133812-CIMG4783.jpg2012_1016_142410-CIMG4829.jpg2012_1016_172647-CIMG4851.jpg


家に帰って夕食、お腹が空いていないので、簡単にして貰った
流石かみさん、親爺の好みが分かってますな
食卓には必ず、しののめ・寺町のじゃこ山椒がおます
今はコレ無くして、食事が始まらんのです
家族全員大好きに成ってしまったんです

2012_1016_191432-CIMG4852.jpg

食事を終え寛ぐ、かみさんのパソコンを触ろうとすると、かみさんが血相を替えて飛んで来たんですわ
お父さん、メカ音痴やから触らんといてって言ったやろう
二度と私のパソコン触らんといてや!

2012_1016_213355-CIMG4853.jpg


フッフッフ、いまだにかみさんが親爺がパソコン出けへんと思っている
安心安心!

そんな昨日の親爺の一日でした

お仕舞い



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント